医療脱毛で心配な痛みについて

多くの場合、耐えられない痛みではありません

医療脱毛で心配な痛みについて

痛みは軽減されているので心配しなくても大丈夫です

皮膚科や美容外科といった、医療機関で受ける医療脱毛は、高い効果が人気です。 なぜなら、医療用の高い出力を持つレーザーを使い、毛根を破壊することで毛が生えてこないようにするからです。 破壊された毛根は再生されないので、一度施術した毛穴からは二度と毛が生えることはありません。 人間の毛は生え変わっているので、そのサイクルに合わせて何度か施術を繰り返す必要がありますが、施術する度にムダ毛が減っていくのを実感することができます。

しかし、医療脱毛でレーザーを照射して、毛根が破壊される際に痛みとして感じてしまいます。 多くの場合、我慢できなほどの痛みではなく、輪ゴムではじかれたようなレベルで、我慢できるという人がほとんどです。 ただし、痛覚というのは個人差があるものです。 そのような場合は、事前に麻酔クリームを塗ることで快適に施術を受けられます。 最近は、吸引しながら施術をしたり、冷却しながら施術をすることで痛みを抑えた脱毛機も登場しています。 より痛みが少なく、確実な効果を上げられるようにスタッフも出力を調整するなどして対応してくれるので、心配な場合は相談してみましょう。 以前に比べると脱毛機の進化により軽減されています。