医療脱毛には多少のリスクがあります

レーザーの熱で炎症になることはありますが対処できます。

医療脱毛には多少のリスクがあります

キレイな肌が長続きしますがリスクもあります

クリニックで行われている医療脱毛は、エステで行う光脱毛に比べると、効果が高く、綺麗な肌の状態が長続きするのでおすすめですが、多少のリスクはあるので、それを頭に入れてから施術を受けるようにしてください。

たとえばレーザー照射後に皮膚が炎症を起こすことですが、これは必ず起こるといわれています。 しばらくすれば治まりますが、肌の弱い人の場合は、ヒリヒリするような痛みが長く続くので、それを抑えるための軟膏を処方するクリニックもあります。 レーザーの熱で皮膚が強いダメージを受けると、毛のう炎となり、毛穴の周囲が赤くなったり、吹き出物が出来てかゆくなることがありますし、やけどになってしまう人もいます。 これらの症状が起こったときも、クリニックに連絡すれば、すぐに薬を処方してくれるので、怖がる必要はありません。

また理由はわかっていないものの、レーザー照射後に、脱毛した個所の毛の量が増えたり、硬い毛が生えてくるというリスクもあります。 顔やうなじ、二の腕、背中などの産毛が多い部位で起こりやすいですが、せっかく医療脱毛を受けたのに、余計にひどくなったようで、がっかりするかも知れませんね。 しかしその後も繰り返し照射を受け続ければ、徐々に薄くなっていくので安心するようにしましょう。